小林監督が新潟の監督候補の報道の捉え方

移籍情報

新潟の降格が決定したことで、監督に関する報道が出てきました。

呂比須ワグナーが退任となり、後任候補の名前が上がっています。

その中の1人に小林伸二監督の名前があります。

最有力候補は柱谷哲二氏とのことですので、就任はないかもしれません。

しかし、このタイミングの報道はエスパルスにとって良くはないですね。

チームが残留位向けて1つにならなければならないときに

「監督はもう次を考えている」

というようなことを思う選手やスタッフがいれば、まとまりきらないでしょう。

この報道の正否がどうということではなく、チームに与え得る影響がなければよいということです。

「あんな報道があったが来季以降もみんなとやりたい。そのためにはまず残留を勝ち取らなければならない!」

というように逆手にとってまとめてくれるようなことがあればよいのですが、それはどうでしょうか。

モチベータータイプの監督ではなさそうなので無いですかね。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ

にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加