ヤン・ヨンソン監督が大切にする2つのこと

エスパルス

練習が開始してヨンソン監督が大切にするものが2つ出てきました。

1つ目が「競争(competition)」です。

全員に練習からレガースをつけることを要求し、激しくい勝負を要求しました。

「お互いを尊重し合う中でも競争力、勝負強さが必要になる。ピッチの中でぶつかり合う勝負強さから、競争力が生まれると思う」

と強調したようです。

2つ目が「和」です。

全体練習前に全員で肩を組んで円陣を組ませたようです。

指名された選手が一言話すということを毎日繰り返すようです。

練習でも競争を意識して激しくやりあうことで、厳しさや勝負へのこだわりというのを作ろうというものがベースにあるようです。

その上で仲間としてチームとして前に進んでいく、ということも大切にしています。

これまではゆったりとした雰囲気でしたが、厳しさと優しさが一緒になったチーム作りが進みそうです。

ただ心配は激しくなる練習によるケガですね。

新たな変化を目指す中で、この問題が出てきそうです。

チーム全体で見極めをしっかりしていかないと、昨シーズンのように戦力がそろわないということにもなりかねません。

無事に全員でキャンプを迎えられるといいですね。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加