クリスランの評価が分かれる?

エスパルス

クリスラン選手の新加入会見が開かれました。

自身で思っているストロングポイントは

裏に抜けるスピード

ゴールを目指すところ

としています。

一方で強化部の評価は

左利きであること

前線でキープできること

得点能力が高いこと

この3点です。

確かに左利きは今のエスパルスにとって貴重です。

兵働の加入もあり増えてきました。

またFWの選手なのでゴールに対する期待というのも当然です。

1点気になるのは

前線でのキープ力を評価している強化部

裏ぬけを得意と明言している選手自身

ここに差異があるのかもしれません。

前線でのキープを長身だからポストを期待する。

というとタイプが異なる気がします。

裏ぬけした後のことのキープ力を指しているのであれば同じことですが。

ポストプレーを強要することになれば、特長が生かされないこともあります。

監督はどのように判断をしていくのでしょうか。

またクリスランは最後に楠神の名前をあげていました。

一番うまい選手としていたので、ホットラインとなるといいですね。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする