キャンプスタート 練習量は大丈夫?

エスパルス

鹿児島キャンプがスタートしました。

今年で13回目の鹿児島でのキャンプです。

今の選手で鹿児島出身の選手は六反選手と新人の高橋選手です。

特に高橋選手は「屋久島の星」とも言われ、注目が高い選手と言えます。

セレモニー後の練習では、トレーニングマッチの復習のようです。

公式ページでは「いきなり戦術練習」と書かれていました。

新監督なので、戦術は徹底的に掘り下げる必要はあるでしょう。

ここ数年、エスパルス戦術というのはよくわからないものが多かったと思います。

ゴールから逆算をしたプレー

どこで相手のボールを奪うか

トレーニングで落とし込みはしていたと思いますが、試合でははっきりとみることができませんでした。

少し気になるのは練習量です。

キャンプでも練習試合前の午後のトレーニングオフになりました。

コンディションを考慮してのものだと思いますが、少し少ない気がします。

開幕前に追い込めるのはこのキャンプだけだと思います。

身体に負荷がかかった状態でどこまでできるかと言う見極めは必要だと思います。

特に今年は超過密日程なので、その状態のプレーが大事になる気がします。

またそこを乗り越える基礎体力も必要なのではないかと考えられます。

考えがあってのことでしょうが、トレーニングが少ない気がしますね。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加