苦戦が確定?プレシーズンとシーズン結果の相関関係

エスパルス

今年のキャンプの対外試合は1勝2敗という結果になりました。

結果としては非常に良くないと思います。

この結果がどのようにシーズンに影響があるのか、それとも活かされていくのか。

これは開幕してからしかわかりません。

何年もエスパルスの成績は良いとは言えません。

特にこの4年間は

ぎりぎり残留

降格

J2

ぎりぎり残留

という結果です。

直近4年間のキャンプでの対外試合の結果を整理しました。

もしかしたら、プレシーズンの結果とシーズンの結果の相関関係が見えるかもしれません。

2017年 1勝2敗

京都 2-3

柏 1-0

松本 0-0

2016年 2勝1敗

鹿児島 5-1

磐田 0-1

北九州 1-0

2015年 0勝3敗

磐田 1-2

熊本 0-1

浦和 3-5

2014年 1勝1分1敗

長崎 0-3

京都 2-2

ソウル 1-0

4つのサンプルですが、目標達成を果たした2016年は勝ち越しています。

結果の出なかった年は苦戦をしています。

降格した年は全敗です。

少ないサンプルですが、傾向としては

キャンプの試合成績はシーズンの結果に直結する

と言えるかもしれません。

ここから見ると

2018シーズンも苦戦を強いられる

ということになりそうです。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加