【プレビュー鹿島戦】今年の変化「球際の強さ」を見られるか

プレビュー

いよいよ2018シーズンが始まります。

開幕戦は満員のホームで鹿島を迎え撃ちます。

鹿島は優勝候補

エスパルスは残留争い候補

という予想がほとんどです。

昨シーズンの成績からもその評価は仕方がないですね。

今期はその前評判を覆していく作業から入ります。

その為にもまずは守備ですね。

キャンプではボールの取りどころが定まらず、受ける形になり相手のターンがずっと続くというものでした。

J1トップクラス相手では、その守備では綻びを突かれ失点することになります。

前線からどれだけ行けるか

またはめ切れなかった時に、引く守備に全員同時に切り替えられるか

この切り替えをどこまでオートマチックにできるかがポイントです。

逆に言えばどこまで仕上がっているかですね。

サイドハーフとボランチの機動性が求められます。

そして監督が求めている「球際で負けない」ということです。

この変化は今日の見どころの1つだと思います。

攻撃に関しては「サイド」「クロス」がポイントです。

今シーズンのビルドアップの大きな違いはGKまで参加することです。

サイドバックを高く上げる戦術になりますが、そこにどうやってボールを持っていくかですね。

FWには裏ぬけを求めているので、最初はシンプルに縦を狙っていっても良いと思います。

落ち着かない状況でビルドアップにチャレンジして、奪われてカウンターというのは避けたいですね。

エスパルスはプレシーズンで、力のあるチームと試合をしていません。

その中でいきなり優勝候補のチームとの試合です。

ここは非常に気になる部分です。

選手にとって相手は想像を超えるスピードとパワーでくると思います。

その感覚を早くつかまないと、90分やられっぱなしになる可能性があります。

押し込まれたとしても、自分たちのペースで戦っているという感覚をもって戦ってほしいですね。

選手もサポーターも、またこうしてJ1で開幕戦を迎えられる喜びを感じながら、戦っていきたいですね!

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする