決めるべき時に決めるのがJ1チーム

エスパルス

一昨日の話になりますが、練習試合が行われました。

このゲームでは攻撃陣がチカラを発揮しました。

静岡産業大学とのゲームで

1本目 2-0

2本目 3-0

という結果です。

テセ

デューク

高橋

楠神

とアタッカー陣が躍動しました。

トップチームのゲームに刺激を受けたのか、良い動きという評価です。

開幕戦は守備に手ごたえを感じることができました。

攻撃もPK、ポスト、ドフリーで1対1

という決定機を作りました。

「あと一歩」

という印象かもしれません。

しかしこの「あと一歩」は実に大きな距離であったりもします。

上位下位の違い

カテゴリの違い

はこの決定機にどれだけ決められるかに現れます。

J2から上がってきたチームが失点を重ねるのは

「J2では決められなかった場面でもJ1では決められる」

「ミスが2つ続くと決められる」

という違いにあります。

クリスランのポスト⇒こぼれ球の松原のシュート

これは相手のミスが重なって生まれたものです。

J1で戦っていくにはああいう決定機を決めなければなりません。

サテライトのゲームでは得点を重ねました。

そのチームに勢いを次節に持ち込めると良いですね。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする