【プレビュー札幌戦】ポイントは相手のボランチと切り替えの速さ

プレビュー

今日はリーグ3節アウェー札幌戦です。

札幌は一番苦手と言っていいかもしれません。

優勝争いをするようなチームに勝てないのは分かりますが

J2時代の昇格ライバル

昨シーズンの残留争い

と同じようなポジションにいるチームです。

その相手に5連敗となっているのは、苦手というしかないですね。

しかし今シーズン、札幌は大きな方向転換を試みています。

これまでは前線に強い選手をそろえて、手数をかけずに攻めるサッカーでした。

ここにつなぐという意識を取り入れようとしています。

監督にペトロビッチを据えて、転換を進めています。

正直戦術が浸透する前に対戦できるのはよかったと思います。

メンバーを見ても大きく戦力アップしているのがわかります。

都倉やヘイスが戦術的な理由でベンチに控えるという状況です。

とは言え、ジェイの強さとチャナティップと三好の機動力というのは厄介です。

特に2列目の2人をどう捕まえるかが守備のポイントになるでしょう。

今のエスパルスの前線の守備であれば、配給係の福森を制限することは可能だと思います。

DFラインも跳ね返しには強いので、ジェイの強さも抑え込めると思います。

問題は中盤の守備です。

相手はウイングバックがいる布陣なので、必ずギャップが生まれます。

その状況に、相手ボランチが上がってきたときのマークをどうするかがポイントでしょう。

必ずフリーの状況が作られます。

前線はキッカーへのアプローチに行くので、中々プレスバックまでするのは難しいでしょう。

ここで後手を踏むと、前線が再び動きなおすので、またマークのずれが生じます。

高さ、ドリブル、サイドと選択肢を持った攻撃にさらされる可能性があります。

ただここで守備をすれば、カウンターのチャンスが生まれます。

守備から攻撃の切り替えの早さは選手たちも自信を持っているでしょう。

チャンスは確実に作れるはずです。

相手のビルドアップはまだまだですので、おそらくミスも出るでしょう。

そこを奪った後にも大きなチャンスがあります。

神戸戦のように決定機を決めれば、良い結果になるでしょう。

相手は公式戦未勝利でホーム初戦ですので、モチベーションが非常に高いと思います。

引き続きチャレンジャーの気持ちで戦う必要があります。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする