新しいシステムへのチャレンジ

エスパルス

湘南とのトレーニングマッチが行われました。

45分×3本です。

結果は

1-0

1-0

0-1

という結果です。

得点は2得点ともPKによるものでしたので、少し寂しい気もします。

しかし昨シーズンやプレシーズンを考えると、ぜいたくな感想ですね。

昨日のトレーニングマッチでは新システムによるチャレンジを行いました。

4-1-4-1のアンカーシステムです。

自陣でタテパスを通させない

というのがヨンソン監督の守備の基本的な考え方です。

それを更に効果的にするシステムと言えるでしょう。

上手くいった部分

上手くいかなかった部分

どちらもあると思います。

ただ、一度実戦で試したということで、プラスに持っていけるきっかけにはなりそうです。

メンバーによって攻撃的とも言えるし、守備的とも言えます。

試合の流れの中で使うことになるかもしれません。

昨日のトレーニングマッチではけが人が実戦復帰したのが大きいですね。

石毛、白崎、西村、平墳、清水

この辺りが戻ってきました。

これから連戦が続くので、選手が戻ってくるのは大きいですね。

ただ、ベテラン選手の使われ方が不可解とも言えます。

増田、兵働のは3本目のCBをやらされていました。

長谷川も10分くらいしか使われませんでした。

角田も右サイドバックでの起用でした。

モチベーションのコントロールが気になるところです。

見つけた課題を克服して連戦に臨んでほしいですね。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする