【レビュールヴァン札幌戦】決めたほうが勝つということ

レビュー

ルヴァンカップ3節は逆転で札幌に勝利することができました。

正直、勝ち点3を取れたのはラッキーといってよいでしょう。

相手のほうが決定機を多く作りました。

もう1本どこかで決まっていたら、結果は違ったものになったでしょう。

簡単にサイドを抜かれるシーンが何度もありました。

同じく裏を取られるシーンも何度もありました。

その後ボールサイドに引っ張られて、中の対応が緩くなる場面が多かったですね。

シュートミスがあったので失点はしなかったですが、失点に値する守備でした。

要因は距離感ですね。

ルヴァンカップになると全体の距離が開きます。

守備の時はその間を通されます。

自陣の縦パスを通させないというのがヨンソン監督の戦術ですが、バンバン通されていました。

その後のアプローチも遅いので、簡単に相手は次のプレーを選択できます。

攻撃でも距離が遠いので、自ずと狙ったパスになってしまいます。

昨日はそのパスが通っていたのは良かったと思います。

とはいえ攻撃は単発に終わります。

テセの存在がルヴァンでは大きいですね。

前節こそ効果的ではなかったですが、勝利した2試合では1人だけ違いを見せています。

得点もさることながら、競り合いでことごとく勝ってくれます。

レベルの差を感じられるプレーですね。

当たり前の話ですが結局は

「決めるべき時に決めたほうが勝つ」

という試合でした。

最近のエスパルスは決め切れないという試合が続きます。

そうすると勝ち点は取れないですね。

ルヴァンのBグループは大混戦です。

3勝では次のステージに行けそうにないですね。

もう2つ勝たなければなりません。

アウェーでの勝利が必要になりますね。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加