【レビュー磐田戦】開幕戦以来の無失点だが・・・

レビュー

ダービーはスコアレスドローの引き分けに終わりました。

監督、選手共に無失点で終われたことを収穫としています。

開幕戦以来の2試合目の無失点試合でした。

DFを中心にしっかりと守れたという印象は確かに強いですね。

昨年と比較しても守備がしっかりしてきたことは明らかです。

ただ、後半は完全に相手に一方的に攻められてしまいました。

後半のシュートはわずかに1です。

前半開始早々の金子のシュート

石毛のミドル

デュークの中央からのシュート

いずれかが入っていれば、勝ち点3を取れる試合だったかもしれません。

しかし

「得点を取っていれば」

ということになります。

前半の15分から35分くらいまでの20分間は、試合を支配していました。

サイドの石毛と金子がうまく中に入ってきて、ボールを引き出していました。

空いたスペースにサイドバックが上がってきて、厚みのある攻撃ができていました。

ただ、縦を狙ったパスが中々通りませんでした。

竹内から石毛のパスでいいパスがありましたが、あのようなプレーがないと中盤からの怖さが生まれません。

クリスランにルーズなボールを入れられる方が、相手にとっては脅威かもしれません。

この時間帯以外はセカンドボールをほとんど拾えなかったですね。

守備で押し込まれてしまい、前に出るチカラがありませんでした。

これで2試合連続無得点です。

得点が取れないことから勝ち点が積みあがっていません。

直近3試合で勝ち点2です。

FWの組み合わせも考えたほうが良いかもしれないですね。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加