【レビュールヴァン甲府戦】進歩の見えない試合

レビュー

ルヴァンカップでも勝て無くなりました。

開始15秒が昨日の試合のピークでしたね。

試合内容は浦和戦とまったく同じような印象です。

相手陣内でのミスが目立って、効果的な攻撃になっていません。

まず連携というものがありません。

考えてからプレーをしなければならないので、当然プレーが遅くなります。

その結果、相手の守備が優勢となり奪われる。

こんな連続でした。

個人の技量もあると思いますが、やることが決まっていない弊害も大きいと思います。

そういうことが積み重なってくると、決定機でも決まる気がしなくなってきます。

結局、チャンスはあってもネットを揺らすことはありませんでした。

そして失点シーンもクロスからでした。

オウンゴールという形でしたが、完全にサイドを崩されたものです。

兵働、増田のサイドなので仕方がないと言ってしまえばそれまでですが、

完璧なクロスが入ってきました。

クロスの処理というよりも、その前の守備ということになるのでしょう。

メンバーも違うし不慣れなポジションということはありますが、浦和戦に続いてということなので印象は良くないですね。

磐田が負けたので、次節で勝てば次のステージ進出が決まります。

ポジティブな点はこのことくらいでしょうか。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする