【レビュー名古屋戦】相手の出来に助けられた試合

レビュー

7試合ぶりの勝利です。

こういう言い方は適切ではないかもしれませんが、相手の状態が悪すぎでした。

そういう試合で勝ち点3としっかりとれたのは良かったですね。。

相手はほとんどミスでプレーを終えていました。

繋ぐことが目的となってしまい、最終的にゴール前にどのようにボールを入れるかが見えなかったですね。

しかしエスパルスも先制点が決まるまで、枠外ミドルシュート1本しか打てていません。

得点が決まったから精神的に優位に立てました。

改めて得点の重要性ということを認識できたのではないでしょうか?

(最近は得点していないからわすれていたかもしれませんね)

航也のコメントを見ると狙い通りのシュートだったようです。

オフサイドで得点にはなりませんでしたが、その前のプレーで相手のDFを見切れていたようです。

2点目の石毛のシュートも狙い通りだったようですね。

復帰後、やっと初ゴールが生まれました。

そして3点目はチームで狙い通りの得点になりました。

1つ前の竹内のドリブルが効いていました。

ああいうプレーを出してくれればよいですね。

相手の守備が緩いと、河井、竹内も前で仕事ができるということですね。

全くプレスがなかったですからね。

自陣のサイドの守備を、シャビエルが戻ってするシーンが何度かありました。

よく切れずにプレーをすると思いましたね。

他の選手はなにをしているのかと・・・。

相手の出来に助けられたところが大きいですね。

結果が出ないので選手を変えて臨みましたが、裏目に出ました。

後半から出てきたジョーが一番シュートを打っていることからも、結果的にそうだということでしょう。

全く手放しで喜べる試合ではないですが、勝ち点3は選手たちもホッとしたのではないでしょうか。

残留ラインの勝ち点ペースを死守したカタチとなりましたね。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする