【プレビュー湘南戦】エスパルスが苦手な2つのスタイル

プレビュー

中断前、最後のホームゲームです。

これまでの戦績が全く同じ湘南が相手ですし、勝利したいところです。

しかし、エスパルスにとって苦手な試合になりそうです。

まずここまで相性の良くない3バックのシステムです。

サイドのギャップを上手く使われて失点するシーンが多くみられます。

切り替えの早さが身上のチームですし、攻守の切り替えを早くしないと簡単にゴール前まで運ばれることになります。

ボランチの守備での働きが重要になりそうですが、そこはあまり得意ではない2人というのも気がかりです。

湘南はこれまで支配率がリーグ最下位の18位です。

今日の試合もエスパルスがボールを持つ展開となるでしょうか?

これもエスパルスが苦手な展開です。

5バックのブロックの外でボールを回させられるシーンが想像できます。

そしてミスや強引なタテパスを奪われてカウンター

こういうシーンからリズムを崩しそうです。

シュート成功率はそれほど高くないので、DFが寄せられれば失点を防ぐことができるかもしれません。

引いた相手から得点を取るというのは、エスパルスはとくいではありません。

そういった意味でも先制点を与えてはいけないですね。

最初は守備から入って、相手のボールを持たせるくらいでちょうどいいのかもしれません。

そうすれば相手も慣れていない戦い方になります。

今日の試合勝たないと、中断前に降格ラインに落ちる可能性が出てきます。

そうすると中断期はメンタル的にも厳しくなります。

先制点を与えないことが勝利への第一条件でしょうか。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする