【レビュールヴァン札幌戦】前半から得点を取りたかった

レビュー

ルヴァンカップの最終節に勝利したものの、グループステージで敗退が決まりました。

昨日の相手の出来であれば、何回かやっても勝てるという感じでした。

ただもっと相手の嫌がることができたと思います。

相手のCBは本職がボランチと高校生を含む構成です。

言い換えれば不慣れなメンバーです。

それに対してもっとプレッシャーを欠ければよかったと思います。

テセと長谷川、デュークというメンバーなので、そこをめがけて早めにボールを入れたほうがチャンスを多く作れたはずです。

そこに白崎と村田がセカンドボールを拾えるポジションを狙う、というプレーの方が効果的だったと思います。

実際にほとんどロングボールの競り合いでは勝てていました。

また、相手のビルドアップの時にも、強くプレッシャーをかければ、ミスももっと出たかもしれません。

実際に1点目はそういったシーンでした。

本当は前半から圧力をかけて、リードしておきたかったですね。

もしかしたら磐田に対して、何らかのプレッシャーになったかもしれません。

3-0で勝ったことは評価できますが、これは何も次につながりません。

完全ターンオーバーで戦った選手たちは、これで出番は当分ありません。

ほかのグループでならば、ポイント10を取っていれば次のステージに進出できていただけに残念ですね。

カップ戦の全体の振り返りは別の記事で触れたいと思います。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする