OFF期間だからこそ試されるチーム力とは

エスパルス

中断期のオフが16日あります。

この期間は長いでしょうか?

決して短いとは言えないと思います。

昨日も触れましたが、プロのアスリートとしての過ごし方をしてほしいですね。

とは言えトレーニングをすればよいというものでもなさそうです。

競技は違いますが、スノ―ボード選手の話があります。

日本に女子で初めてメダルをもたらした選手です。

中々世界で勝てなかった彼女は、世界トップのスイスのナショナルチームの練習に参加をさせてもらいました。

ライバル国の選手を受け入れるというのは異例だということです。

そこでの驚きは

「あまり練習をしない」

ということだったようです。

日本の練習と比べても、ものすごく少なく不安になったようです。

不安なので普段の練習後に居残り練習をしていたところ、

コーチから

「スイスに来たのだからこっちのやり方に合わせてみれば」

とアドバイスを受けたそうです。

2週間、雪とボードに触れないときもあったそうです。

しかしタイムは非常に伸びたそうです。

疲れがない状態

雪に触れる喜び

滑れることの幸せ

フィジカル的にもメンタル的にも充実をしていて、記録がぐんぐん伸びたそうです。

エスパルスのOFFの期間も約2週間です。

スボーボードの彼女は世界のトップアスリートです。

それに比べればエスパルスの選手は未熟かもしれません。

そこはスタッフのサポートによって、良い状態を作ってあげる必要があります。

オフでもチーム力が試されそうですね。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする