期待されていない要因は「結果と私たちの3つの記憶」

日本代表

ロシアW杯のメンバーの平均年齢は、過去と比較して1番高いようです。

平均年齢は28.26歳

30歳以上のメンバーが1/3の8名います。

25歳以下のメンバーは6名です。

この年齢分布に一番近い大会はどの大会でしょうか?

グループリーグ突破を決めた南アフリカ大会です。

ただ違うのはレギュラーは20代の選手で構成をされていたということです。

今大会はおそらく30歳代の選手が中心になるでしょう。

この点が今大会の日本代表への期待感が高まらない要因の1つだと思います。

長い間プレーを見てきた選手たちです。

世界を相手にできること、できそうにないこと

というものがなんとなく想像できてしまうということでしょう。

期待の高かったドイツW杯は

中田、中村、小野、稲本、高原たちが成長して初めて融合して戦う大会でした。

「初めて」

というものは比較がないので期待感が高まります。

今回はそれがありません。

トレーニングマッチでも競合には勝てず

メンバー選考にもサプライズはなく

過去のW杯でも結果が残せず

あるのはネガティブな記憶だけです。

そうなると残念ながら「期待感」は高まってこないでしょう。

ただ想像通りいかないのがフットボールです。

むしろ逆のパターンも多くあります。

期待されたドイツでは敗れ

期待値が低かった南アフリカでグループリーグ突破

どうなるかわかりませんね。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする