準備時間が少ない「弱み」を「強み」に変える方法

日本代表

ロシアW杯で日本の「弱さ」の1つに短い準備期間

というものがあります。

監督交代からわずか3試合で本番に臨む必要があります。

どのように攻撃をするのか

どのように守備をするのか

どのようなメンバーにするのか

これらを突き詰める時間は、はっきり言って無いでしょう。

これまで結果の出なかったベースを基に進めるしかありません。

ただ、1つだけ方向性を明確にする出来る方法があります。

日本代表はその選択に賭けたのかもしれません。

1次リーグの相手の情報を

徹底的にスカウティングする

ということです。

過去最高の4人体制で分析を行うとのことです。

各チームに専任分析担当を置いて、統括役を1人置く

という体制です。

「この相手には〇〇」

と決めごとをして臨めば、チームの方向性ははっきりします。

ただ、その通りに行かなかったり、想定を超えてきた場合は、対応が難しくなります。

自分たちのやり方を貫いて勝てるなら良いですが、それは難しそうです。

それならば、決め打ちで行ったほうが可能性はありそうです。

短期決戦ならではの、割り切った戦いがです。

指揮官の就任から時間がないからこそ、取れる戦略かもしれないですね。

もし継続してきたものがあれば、それに捉われてしまうかもしれません。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする