【プレビュー天皇杯 今治戦】ジャイアントキリング発動条件とは

プレビュー

天皇杯2回戦です。

この試合後、長いオフに入ります。

オフを前向きに過ごすためにも、最低限勝利。

できれば内容も伴ったものにしたいですね。

とは言え、天皇杯は番狂わせが非常に多いのも特徴です。

10回やれば9回はJ1チームが勝つような相手でも、その1回が出てしまうということでしょう。

苦しい展開になるのは先制点を取られたときでしょう。

今治は最初から飛ばしてくるはずです。

自分たちの力がどこまで通用するか

という高いモチベーションで全力でくるはずです。

そこをもろに受けてしまうと押し込まれます。

上手くいなしていくことが立ち上がりの作業になるでしょう。

理想というか力の差を考えれば、いなしたうえで、前半で複数得点を取りたいところです。

最低限の勝利を考えれば、前半はスコアレスでもよいと思います。

60分までは相手に主導権を握られるかもしれません。

ただそこからは相手も疲れが出てきます。

当然プレーの精度が落ちてきます。

そこで仕留めればよいと思います。

ただ怖いのはリードされているときです。

時間が経過しても高い集中力で、運動量が落ちない場合があります。

そんな時にジャイアントキリングが起きます。

JFLのスコアを見ても勢いに乗せると手が付けられない

そんな印象があります。

岡田代表がつくるチームなので、まとまりのあるチームであることは間違いいありません。

ジャイアントキリングの発動条件を満たさないように、失点をしないということですね。

普通にやって、普通に勝利すればよいだけです。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする