【プレビュー天皇杯鳥栖戦】あっさり屈するか、跳ね返すか

天皇杯準々決勝です。

ここで勝つことができれば、久しぶりの準決勝進出です。

相手はリーグ下位のチームなのでチャンスはあると思います。

とは言え相手の鳥栖も全く同じことを考えていると思います。

今年の天皇杯はトーナメント的にもタイトルのチャンスであると・・・

しかもリーグ戦では圧勝しているエスパルスが相手です。

エスパルスはメンバーがそろわずに非常に厳しい状況です。

その上、リーグ戦でも2戦連続逆転負けと状態も良くありません。

結果の出ていないリーグ戦のメンバーをいじりたいけれど、変える選手がいないという状況です。

さらに悪天候により前日練習が室内練習に変更となった模様です。

篠田監督は
「頭で理解しているから大丈夫」
と強がりのコメントを残していますが、そんな簡単ならもっと結果を残しているでしょう。

恐らく鳥栖は早めに前線にボールを送ってくるでしょう。

そしてこぼれたセカンドボールを奪って、連続攻撃を狙ってきます。

エスパルスが一番苦手なスタイルかもしれません。

最も重要なのはエスパルスがボールを持ったときにつなげるかですね。

前節のように蹴らされたら、ずっと鳥栖のターンになるでしょう。

シュートすらままならず、脆いDFは耐え切れず失点という結果を導きます。

相手の強度の高いプレスをはがせれば勝機も出てくると思います。

ここができなければあっさりと相手の強度に屈するでしょう。

結果が出ていない

メンバーがいない

練習ができなかった

相手のホームだった

負けの要因とする事実はいくらでもあります。

これにあっさり屈するか、それとも跳ね返すか。

タイトルを取るならばこれくらいは跳ね返すことができるでしょう。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする