【プレビュー最終節】エスパルスが残留するシナリオ

今シーズンもいよいよ最終節です。

開幕当初、この状況を想定できたでしょうか?

TOP5を目指すと始まったシーズンでした。

しかし最下位に低迷し、監督交代をして、リーグ最大失点を喫したままここに来ました。

勝てば残留をという試合を繰り返して、最終盤戦に全く勝てずに最終節です。

少しネガティブに書きましたが、これでも「勝てば残留」というポジションにいるというのはものすごくラッキーと言い換えることができます。

今日の試合でエスパルスが残留するとしたらどんなシナリオでしょうか?

鳥栖ともに残留争いをしているというのはウィークポイントがあるからです。

鳥栖は得点力

エスパルスは守備力

安定して得点を取れないチームと安定して守れないチーム対戦です。

この試合でエスパルスが勝つには
「得点が取れるかどうか」
です。

相手と決定的に状況が違うのは

鳥栖は引き分けでOK

エスパルスは勝たなければならない

ということです。

この状況でエスパルスのプレイヤーがどこまで強気で行けるかですね。

失点をしない時間帯で、ビビらずに前に行けるかどうかです。

鳥栖は75分以降に全得点の半分以上を取っています。

この時間帯で失点をしても大丈夫なように、複数得点が理想です。

「早い時間に先制点を取って、前に出ざるを得なくなった相手の裏を突いて追加点」

これがベストシナリオです。

恐らくこんな展開にはならないでしょう。

もしできるのならば、すでに残留を決めていたはずです。

想像しない展開になったとしても、それが普通くらいに思えるメンタルの準備をしたいですね。

私たちも90分後にホッとできればいいだけです。

どんなシナリオでも勝てばいいだけです。

相手より1つでも多くのゴールを奪えばいいだけです。

そのために目の前の相手を少しでも上回ればいいだけです。

一番シンプルな残留のシナリオです。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする