【プレビュー浦和戦】厳しい戦いだが残留を決めることが出来る試合

今日はアウェーで浦和戦です。

相手は上位ですし、最近の相性は非常に良くないので厳しい一戦となることが予想されます。

しかし徳島の結果によっては残留が決まる一戦です。

逆に降格圏に落ちる可能性も十分にあります。

降格圏で最終節を戦うのと、残留圏で最終節を戦うのはかなり異なります。

勝ち点を1でも上げることが出来れば、徳島の結果に関わらず自力で残留を決めることが出来ます。

何としてでも勝ち点をあげる試合をしてほしいですね。

エスパルスは監督交代から1勝1分と負けていません。

前節はクリーンシートも達成できたので、チームとしても前向きな状態であることは間違いないでしょう。

3試合目なのでまだまだ伸びしろはありそうです。

前節も決定機を作ったのはショートカウンターが多かったです。

シュートまで行けなかったですが、間違いなく相手の脅威となっていました。

この試合もしっかりと前からプレスをかけること

プレスをはがされた時の守備陣形の作り方

奪われた後の切り替えと球際の強いアプローチ

上記3点は徹底してくるでしょう。

守備の時間でも前向きなプレーが出来れば、攻撃に転じたときにもパワーが出ます。

この時間をどれだけとれるかが、この試合のポイントだと思います。

前節は後半足が止まってしまいました。

ただしそれを考慮して、最初セーブしてはいるようだと一気に付け込まれるでしょう。

出来るところまでやって、5人の交代枠を使ってコントロールすることが重要です。

勝ち点を取れるかどうかは、先制点を早めにとれるかでしょう。

最初の決定機を決められればかなり有利になります。

逆に落とす試合は、立ち上がりから受けに回って失点する

決定機を逃して相手のターンになってしまう。

こんなパターンだと厳しいですね。

浦和はチームを支えてきたベテラン選手の引退と退団が発表されています。

最後のホームゲームで、試合後にもセレモニーが準備されています。

最後の試合を勝って終わらせようと、モチベーションは高いと思われます。

浦和にとって今日の試合は消化試合です。

外国人監督ですが、功労者を優先的にピッチに立たせてくるでしょうか?

もし出てきたとしても、エスパルスの選手に空気を読んでいる余裕はありません。

狙いどころとして、利用するぐらいでいてほしいですね。

ビジター席の無い完全アウェーの試合ですが、勝ち点をもぎ取ってきてほしいですね。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする