ゴトビがエスパルス提訴 未払い報酬9300万円要求

エスパルス

2014年7月に監督の契約を解除されたサッカーJ2清水エスパルスの元監督アフシン・ゴトビ氏が、残期間の報酬不払いは不法などとして、同クラブの運営会社を相手取り、82万5千ユーロ(約9300万円)の損害賠償支払いを求め、静岡地裁に提訴した。

当初、報酬3カ月分(15万ユーロ)の支払いを提案したが拒否。

ゴトビ氏は、国際サッカー連盟(FIFA)に申し立てたが、却下されたため、同地裁に提訴した

とのことです。

盛り上がってきたときに水を差すようなニュースですね。

ピッチには関係ないので、現場は試合に集中するだけです。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『ゴトビがエスパルス提訴 未払い報酬9300万円要求』へのコメント

  1. 名前:藤カラー 投稿日:2016/09/22(木) 07:54:44 ID:29a97907a 返信

    来季の人件費圧縮に繋がらなければ良いのですが…。
    会社にダメージ出ると選手の契約にしわ寄せが…。

  2. 名前:さいとぅーん 投稿日:2016/09/24(土) 07:23:28 ID:381a29df8 返信

    藤カラーさん
    コメントありがとうございます。

    FIFAには却下されているようですし、裁判ですからすぐに支払い命令とはならなそうです。