次節対戦 C大阪分析 システム変更の成果

分析

上位とのアウェー連戦の2戦目です。

この試合の意味付けは先週の試合の結果によって大きく変わりました。

相手のC大阪の最近の状況を確認して見たいと思います。

まず守備が堅くなりました。

現在4連勝中で、ここ3試合は連続してクリーンシートを達成しています。

要因はシステム変更がハマりましたね。

これまでの4バックから3バックに変更してから6試合で失点はわずかに2です。

それに合わせて勝ち点も一気に伸ばしてきています。

前節もPKによる得点のみで低調な内容とされていますが、堅い守備に支えられて勝ち点3をあげています。

元々J2では屈指のタレント集団ですので、ハマれば強いことはわかっています。

いまは守備のパーツがハマってきてることでリズムが出ているのでしょう。

得点はセットプレーとクロスからの得点が多い傾向にありますが、システムも変わってパターンも増えてきているのではないでしょうか。

エスパルスにとって長居は鬼門です。

98年から勝てていないというデータがあります。

相手は前回対戦でも勝っていますし、お得意様という雰囲気で臨んでくるでしょう。

そういったことを上回らないといけない試合ですね。

上位チームなので当たり前ですが、厳しい試合になりそうです。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『次節対戦 C大阪分析 システム変更の成果』へのコメント

  1. 名前:藤カラー 投稿日:2016/10/02(日) 08:09:35 ID:f11a6c95a 返信

    エスパなら与し易い、と思ってくれるのが、吉か、凶か。
    果たして…ですね。
    (♯`∧´)