京都戦 守備のやり方をチームで徹底すること

プレビュー

ここ3試合は下位チームとの対戦で、取りこぼしすること無く勝ち点を積み上げましたが、今日のゲームは上位の京都との対戦です

直近5試合の勝ち点で見れば1位と2位の対決です。

非常に難しい試合になることが予測されます。

前節も京都は早い時間に点を取って、上位対決を制しています。

絶好調のエスパルスとアイスタで戦うので、堅くに入ると思いますが、立ち上がりの時間は狙ってくるかもしれません。

アシストがエスクデロが10で堀米が8で40%がこの二人からのものです。

ゴールもこの二人で3割近い数字を上げています。

上位陣のなかでは決して高い得点力ではありませんが、この2人は要注意です。

この連勝中は相手の決定力にも助けられました。

またそれを前提とした守備で功を奏してもいました。

バイタルに入ったボールに対して、早めに行かないという選択を先にしてブロックを作るやり方です。

ただ、この試合は同じ感覚でやってしまうと、失点をするでしょう。

行くところとHくところのメリハリをしっかり付けて、チームでしっかり守らないと2次攻撃で押し込まれるシーンが出来てしまう可能性があります。

昨日の記事では攻撃面に着目しましたが、上位でい続けた要因は守備にあります。

この6試合で実に5試合クリーンシートを達成しています。

とはいえ、エスパルス以外の上位チームには複数失点をしています。

札幌、C大阪には3失点

松本、岡山には2失点

今とは時期が違うにせよ、相手によっては脆さも含んでいるということです。

このゲームはこれまでと違って、正面からぶつかる試合になると思います。

少し堅く膠着する時間帯もあると思います。

そこでいかに集中して、自分たちのリズムを保ち続けられるかがポイントだと思います。

そうすればは決定力のある攻撃陣が必ず決めてくれるでしょう。

好調を支えているのは間違いなく攻守の切り替えの速さです。

日程が詰まっているので、少し足が止まる時間帯も出てくると思いますが、ベンチワーク含めてしっかりと対処して、90分維持してほしいですね。

雰囲気がすっかりとトーナメントモードになりました。

負けたら終わりではなく、勝って前に進む。

こんな意思を今のチームから感じます。

今日も勝って前に進むだけですね。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加