【大宮戦プレビュー】データからも勝負は後半

プレビュー

第7節ホームでの大宮戦です。

ホームゲーム3度目で初勝利を狙うゲームとなります。

大宮は開幕から6連敗で、最下位です。

抜けた選手の穴が埋まっていないのと、新加入選手がフィットしていないのでしょう。

この調子の上がらない相手からは、勝ち点3を絶対にとっておきたいですね。

1得点10失点

全くいいところがないように見えます。

ただ相手は甲府、磐田以外は上位のチームとの対戦です。

支配率は51%と半分はしっかりとボールを保持しています。

そこからチャンスを作れずシュートに至らないというのが現状です。

クロスからの1ゴールにとどまっています。

守備ではこぼれ球を決められるパターンが多いですね。

ポジショニングが定まっていないのかもしれません。

また球際の執着が弱くなっている可能性もあります。

エスパルスが降格した年で勝てない試合は、そんなパターンが多かったですね。

家長、泉澤が抜けて、ボールを持てる選手が少なくなったのでしょうか?

余裕がなくなって事と、中盤の選手に対する負担が大木かなったのかもしれないですね。

そこにFWがサポートに落ちてきて、ゴールから遠ざかる。

そんなパターンに陥っているようです。

全体的な走量も少ないですし、チームとしての鼓動が少ない状況でしょう。

エスパルスとして絶対にしていけないのは

「相手に合わせる」

ということです。

テセのコメントで

「前半ゼロで抑えたら勝機がある」

とあります。

相手の綻びは時間が経つにつれて大きくなってくるはずです。

10失点のうち後半に8失点しています。

しかも60分以降に6失点です。

60分以降に6割の失点をしているという状況です。

逆にエスパルスは

75分以降に全体の半分の得点をあげています。

前半の得点はわずかに1です。

この傾向からも

「前半はゼロで抑える」

という意識を持つことが大事ですね。

村田の投入でスイッチを入れて仕留める

そんなパターンを確立できれば良いのではないでしょうか?

立ち上がりのセットプレーで失点すれば、磐田戦のようになりかねません。

ホーム初勝利には前半無失点と先制点

この2つが必要ですし、できれば大きく近づきます。

現在の順位は上ですが、相手は昨シーズン5位のチームです。

きっかけ1つで変わるチームだと思います。

そのきっかけを与えないように、挑戦者の気持ちを忘れずにチャレンジしてほしいですね。

今日は

「勝ちロコ」を!!

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加