【ルヴァン磐田戦プレビュー】守備の不安を攻撃でカバー

プレビュー

今日はルヴァンカップ第4節です。

3戦3敗という状況なので、次のステージ云々を語れるポジションではないと思います。

今日の結果次第では、グループステージ敗退が決定します。

メンバーが戻ってきた感はありますが、最終ラインはまた変わりそうです。

立田が代表招集

フレイレが出場停止

カヌがケガ

この状況だとあまり練習でもやったことのない組み合わせになりそうです。

セットプレーも含めて、守備には不安定さが残りそうな気がします。

前は久しぶりの2トップが見られそうですね。

チアゴのスタメンで出番がなかった金子とケガから復帰の北川の2トップです。

昨シーズンもこの2人が躍動していた姿を今も想像できます。

ジュビロのカップ戦のメンバーとJ2上位のチームはどちらが上でしょうか?

2人のコンビネーションで十分やれるのではないでしょうか。

また、リーグ戦を考えればお互いはライバルになります。

チアゴがスタメンを確保したとなると、3番目のポジションはこの2人で争います。

この二人がホーム初勝利を導いてくれるといいですね。

相手のシステムが3バックか4バックかわかりませんが、カギはサイドの2人でしょう。

恐らく村田とデュークが出てくると思います。

この2人は調子はいいですから、相手を上回れると思います。

3バックであれば背後を狙えます。

4バックであれば、仕掛けてはがしていけます。

このように上回って良ければ、相手を押し込めますし、守備の機会も減るでしょう。

ボランチにもTOPから落ちてきた野津田もいますし、ボールは回っていくのではないでしょうか。

セットプレー一発でやられる危険性が十分にあります。

相手の2TOPも得点力があります。

この辺りはしっかりとケアして、先制点を与えないことですね。

後ろの不安を攻撃で抑えるという形が理想でしょうか。

もう何度書いたかわかりませんが

「ホーム初勝利」

これをダービーで達成してほしいですね。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ

にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加