【鳥栖戦レビュー】リードしているときの想定がない

レビュー

サッカーの格言通りの結果になってしまいました。

「点を取れるときに取らないと、相手にとられる」

ホーム初勝利が残り1分でするりと手から抜け落ちました。

完全に個人で上げた先制点から、すぐに取られなかったというのはチームとしてよかったと思います。

得点後もしっかり集中できていいたと思います。

ただ後半開始から急にテンションが落ちた感じがします。

ボールへの反応も悪くなる

パスやトラップのミスが増える

球際に行かなくなる

例えば、後半早々DFラインからのミスで、GKと1対1というシーンもありました。

後半はずっと鳥栖のターンが続きました。

正直こういう状況で守り切れる力はありません。

ですから追加点が余計に欲しかったのですが取れませんでした。

流れの中ではチャンスを作れませんでしたが、相手のミスからは決定機を創り出しました。

ただそこで決められなければ、このような結果になります。

最後の失点シーンを振り返って責めるべきところはたくさんあります。

もっとサイドに蹴りだすとか

セカンドボールの対応で厳しくいくとか

バイタルで簡単に飛び込まないとか

ただ問題はそこではないですね。

相手はGKを揚げるという捨て身の状態でした。

こういう状況では、相手も混乱状態なのでバラバラになります。

逆に言えば時間を作れる状況でもあります。

エスパルスはと言えば、

「リードしている終盤にどう戦うか」

という想定がないように見えます。

選手によって考えることが違いすぎます。

サイドで時間を作るのか

縦が空いているからそこを突くのか

結局チーム全体に迷いが生まれ、ミスで相手にボールを渡してしまう

これでは1点差を守り切ることは難しいですね。

90分戦うための準備が不足しているということでしょう。

相手の監督のコメントを見ると、内容からして負ける試合ではないということでした。

鳥栖にしてみれば勝ち試合を落としたということなのでしょう。

得点の時間帯

1対1のシーン

からエスパルスは勝ち点2を失ったと考えますが、内容的には勝ち点1を拾えたという内容でした。

まあ、勝ちたかった試合ではありましたけどね。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ

にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加