増田の加入でボランチ構成はどうなるのか

エスパルス

先日、増田の正式加入が発表されました。

監督が自ら口説きに行ったということもあり、次節からいきなりの起用ということも考えられます。

増田自身は会見でもボランチで評価されたと思うからそこで勝負したい。

とコメントをしています。

エスパルスのウイークポイントはボランチにあると思います。

前節は竹内と枝村が組みましたが、それほど悪いとは思いませんでした。

エダは元々やっていたし、適応力はあると思いますが、元々が違いを感じるレベルにないということにも感じました。

攻撃面では

ボランチからのミドルレンジのパスの少なさ

ボランチ同士が前を向いてパス交換

ボランチの得点力

守備面では

対人守備力

カヌの周辺のスペースのケア

潰すべきところの勘所

増田の加入によって

ミドルレンジのパス

対人守備力

この辺りの向上は期待できそうです。

ただ

ボランチ同士のコンビネーション

カヌの周辺スペース

に関してはなじむまで時間がかかりそうです。

一番は増田がファーストボランチとしていきなり力を見せつけてくれることです。

そうすれば戦力が上がりますし、サブにまわった選手がまた再チャレンジします。

その結果、レベルが上がった競争がチーム内に生まれていきます。

「勝った後はいじらない」

というのはフットボールのセオリーですが、人がいない状況です。

六平、増田と選択肢を持った指揮官は、どのような采配を考えているのでしょうか。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ

にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

『増田の加入でボランチ構成はどうなるのか』へのコメント

  1. 名前:藤カラー 投稿日:2017/08/12(土) 17:42:04 ID:637df99d9 返信

    ここが一番気になるところですね。
    エダのボランチはとても良かったと思います。
    ^_^

  2. 名前:さいとぅーん 投稿日:2017/08/13(日) 05:30:02 ID:d3e341d35 返信

    藤カラーさん
    コメントありがとうございます。

    エダもボールを非常にうまく引き出していましたね。
    そこからの展開力が有ればいいのですが、急なポジション変更では難しいですね。