【ダービー特集9】ダービーの戦い方の結論

エスパルス

ここまで相手のこれまでの戦い方の分析を中心に見てきました。

まとめるとこうなります。

ボール保持率がお互いに低い

センターラインの安定

中でも中村俊輔のプレー関与が高い

磐田は前半に得点が多い

セットプレーによる得点比率が異常に高い

そのことが戦術としてチームに浸透している

川又の決定率が高い

警戒をしたうえでセカンドストライカーに気を付ける

磐田も他チームと同様に後半に失点が多い

直近6試合で5試合で失点をしている

このようにまとめることができます。

エスパルスがダービーに勝利するには

失点を抑えることが最重要課題です。

簡単にセットプレーを与えないこと

特に前半に集中すること

勝負所は後半でオープンな展開に持ち込む

こんな戦い方が求められます。

犬飼

増田

河井

といった選手が戻ってきています。

この復帰した選手たちも含めて、最適な組み合わせで臨んでほしいですね。

まずは失点を避けることを最優先に考えればよいと思います。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ

にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加