第31節を終えた時点での数字分析

分析

第31節を終えた時点での数字分析です。

勝点 31 14位(1.00)

得点 31 14位(1.00)

失点 48 14位(1.54)

得失点-17 15位

降格ラインまでポイント4

31節は甲府、広島、大宮がそろって敗れました。

仙台が残留を決めました

札幌もあと1勝するか、広島が勝ち点を落とせば残留決定です。

次々と残留争いチームが絞られていきます。

エスパルスは勝利して、広島が負ければ次節残留が決定します。

早々に決めたいところですが、そう一筋縄ではいかないでしょう。

1つ勝てば大きく前進するのですが、その1勝が非常に遠いですね。

現在6試合勝ちナシの状況が続いています。

プラスの点は守ろうとして守り切れているという点です。

崩壊していた守備が立て直しできてきたことですね。

直近4試合のうち3試合を無失点で抑えています。

ただ同時に得点も取れていません。

4試合連続で無得点です。

勝ててない6試合ではわずかに得点は1です。

残留するには勝利が必要です。

勝利するためには得点が必要です。

得点を取るためにスイッチを入れ替えなければなりません。

しかしそのタイミングやり方を間違えると、またバラバラになる可能性があります。

残り3試合は1つの勝利で状況が一変します。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ

にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする