エスパルスの好調の要因 結びつかない2つの数字

エスパルス

現在のエスパルスは得点数が1位です。

開幕こそ無得点ですが、2節4得点、3節3得点と計7得点です。

昨シーズン後半は勝てないどころか得点も入らない状態でした。

プレシーズンもそうでしたね。

それが別チームのように得点が入るようになりました。

この決定力があるうちは、勝ち点も取れるのかもしれません。

エスパルスの特長となっているのが

ゴール数とボール支配率が反比例していることです。

ボール支配率

鹿島戦 43.3%

神戸戦 40.4%

札幌戦 35.7%

平均すると16位の数字です。

チームのコンセプトがはっきりしていて良いですね。

しっかりとブロックを作って守る。

奪ってから切り替えを速くして、手数をかけずに攻め切る。

ということが明確にできています。

札幌戦の後半のような展開が今の理想かもしれません。

相手が攻め続けることで、意識が前に向いた状態になります。

そこで奪ってから一気に攻めあがると、相手はついてこれなくなります。

いかにうまく相手に攻めさせるかがポイントになってきます。

あまりサッカーでこういう表現を使うことが無いので、むしろ新鮮ですね。

明日の甲府戦はあまり攻めてこないかもしれません。

その時にどんな戦いをするのか注目ですね。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする