【レビュー甲府戦】今季初の敗戦の2つの要因

レビュー

今シーズン初の敗戦は完敗でした。

J2の控えメンバー相手に、シュート4本で何もできないという結果です。

過密日程の中、3連勝中、相手はJ2と丁度緩みそうなタイミングですが、見事にそうなったという試合です。

上手くいかなかった要因は2つです。

1選手の距離感

2その要因ともなる運動量。

運動量が少なく間延びしていました。

これでは今のエスパルスの良さは発揮されません。

囲んでボールを取れないですし、奪った後も出すところがない。

昨日は相手もミスが多く、マイボールにする展開が多かったのですが、パスがつながりません。

前線に適当に蹴る

サイドがドリブルで持ち上がるが詰まる

という連続です。

ビルドアップの時、ボランチがCBの間に入るのが約束事だと思います。

しかし増田、六平は全くポジションを変えませんでした。

それによりサイドも詰まるし、中央でも狙われるという形になりました。

増田の前半での交代は、戦術的なものだったのでしょうか?

失点の起点となった村田が厳しかったですね。

クリアミスの空振りもそうですが、すべてのブレーキでした。

ドリブルはできない上に、守備も機能せずという感じです。

セカンドボールの予測も悪く、ほぼ相手ボールになっていました。

少しかみ合わなくなるとこうなる

ということを知る良い機会にしたいですね。

大会もメンバーも違いますが、チームとして切り替えが求めまれます。

その課題は日曜日にクリアしてもらいましょう。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする