【レビュー横浜FM戦】この敗戦を転機にしてはいけない理由

レビュー

今シーズン初黒星を喫しました。

相性というものがあるのか、横浜FMには中々勝てません。

印象としては昨シーズンと同様のものとなります。

昨日の試合は敗戦はしましたが、内容的には悪くはなかったと思います。

おそらくこれまでの試合の中で一番決定機を多く作ったでしょう。

狭い局面でもしっかりとボールをつなぐことができました。

いくつかの決定機を決められていれば・・・

という印象をもっと試合かもしれません。

初の敗戦でしたがこれを転機にしてはいけないと思います。

「敗戦したからといって、今のやり方を否定しない」

これで直近の公式戦は1分2敗となりました。

ちょっと結果が出なくなりつつあります。

しかし、新しいサッカーを始めて間もないので、仕方がないくらいでいいと思います。

実際に結果も出せていますからね。

「決定機を作れたことに過信しない」

決定機を多く創り出せたことはポジティブなことです。

しかし、得点へのこだわり、執着が落ちているとも言えます。

前節も決定機をふいにしています。

このチャンスはなかなか来ないという強い気持ちで、再びゴールにこだわってほしいですね。

昨日の試合は戦術負けと言えるかもしれません。

相手のゴールキーパーまでプレスをかけるエスパルスの選手たちの運動量は素晴らしかったと思います。

しかし、そこで距離感を崩されたのかもしれません。

また攻撃にかかったときのパワーを削がれていたのかもしれません。

高いプレスをかいくぐられて、危ないシーンは何度も作られました。

失点シーンはコンディションの整っていない立田を狙われたものでもあります。

選手交代も上手くいかなかったですしね。

転機にしなければならないことがあるとすれば

ダービーで連続未勝利を止める

次のホームゲームで勝利する

ということですね。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加