「きっかけ1つで変わる」を体現した選手の加入

エスパルス

昨日、西村選手の来季新加入内定記者会見が行われました。

会見が行われた興國高等学校のメンバーは3人、Jリーグに内定しています。

全国にってもおかしくないチームですが、選手権は県予選で敗退しています。

西村選手の特徴は大型ボランチという点です。

ただ高校入学のことろは細くて小さい選手だったようです。

2年生の春まではBチームに所属しているレベルだったようです。

そのときBチームの担当の先生から推薦があり、鹿児島合宿に参加して、エスパルスの目に止まったという経緯です。

このタイミングを逃していたら、オレンジのユニフォームを着ることはなかったかもしれません。

Bチームから推薦されるというのは調子が良いタイミングでもあったと思います。

チャンスを活かせるかどうかは才能の1つとも言えます。

西村選手は「きっかけをつかめる才能」を持った選手なのかもしれません。

アスリート人生において非常に大切な要素です。

選手権敗退でエスパルスの練習に参加できました。

これももしかしたらチャンスなのかもしれません。

「得点も奪えて守備もできる選手になりたい」

と本人は目標に掲げています。

今季のエスパルスのボランチの得点は最終節の増田の1ゴールだけです。

このウィークポイントを埋められる選手になってほしいですね。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ

にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする