【レビュー浦和戦】後半アディショナルタイムの劇的弾で勝利!!

 

浦和戦は後半アディショナルタイムの劇的なゴールで勝ち点3を手にしました。

浦和相手に8年半ぶりの勝利です!

残留に大きく前進をした結果となりました。

 

ミッションをはっきりとさせ、意思統一が図れた試合だったと思います。

90分間続けてきたことが、最後に結実した結果となりました。

 

 

立ち上がりは相手陣地でのミスパスが多かったですね。

もしかしたら少し硬さがあったのかもしれません。

 

ただ、狙いどころのショートカウンターで、最初にシュートを放てたことは良かったですね。

前節は奪ってゴール前に行くも、シュートに至らない場面があったので、意識的にミドルでファーストシュートを打っていきました。

 

エスパルスの守備はブロックを作って、隙を作りませんでした。

もしかしたら浦和はプレスをはがしてできたスペースに、ボールを入れる戦術を狙っていたのかもしれません。

 

中々スペースが出来ない中、足元にしかパスが出ていきませんでした。

もう少しレンジの長いパスを使うべきだと思いますが、そういうシーンはありませんでした。

 

前半怖さがあったのは、サイドの選手が中に侵入してきたことくらいです。

少し後手になる場面はありましたが、崩されることはありませんでした。

鈴木義宜の存在も大きかったと思います。

 

浦和は中々シュートを打ってきませんでした。

たまに打たれたミドルも、大きく枠を外れるものでした。

 

前半、決定機を作ったのはエスパルスだけでした。

プレスからチャンスを作ったシーンや、唯人のすごいドリブルからのシュートは惜しかったですね。

昨日の唯人のドリブルはいつもより凄味がありました。

 

 

後半は浦和は少しタテにボールをつけるようになりました。

選手交代の影響か、右サイドに少し穴が出来ていました。

 

さらに幅を取ってプレーをしてきましたが、足を止めずにエスパルスの守備はスライドをして、やらせていませんでした。

 

一度だけ危ないシーンを創られましたが、完ぺきな対応といっても良かったですね。

正直やられる感じはしませんでした。

 

中途半端な攻撃や自陣でのミスが無い限り、失点はしないと思いました。

こうなるとカウンターで一発決めてほしいとなるわけですが、後半は中々攻めることが出来なかったですね。

 

後半アディショナルタイムで2人選手を交代して、時計を進めようという采配にも見えました。

しかしこの交代の直後30秒後に劇的なゴールが生まれました。

 

ディサロ、中山、山原、中村

後半交代で入った選手たちだけでゴールを奪いました。

 

全員でつかんだ勝利でしたね。

TVの前で叫んだ人も多かったのではないでしょうか。

 

勝ち点3は出来すぎの結果でしたが、狙いを定めてきっちり遂行できたのはすごいと思います。

2試合連続のクリーンシートですし、かなり自信をつけている状態だと思います。

 

今年初の連勝にもなりました。

最終節も勝って今シーズンを笑顔で終わりましょう!

 

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

シェアする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク