【レビューFC東京戦】1試合だけ切り取ってみれば非常に強い試合だった

 

FC東京相手にアウェーで勝利し、降格圏を脱出しました!

名古屋戦に続いて2-0の完勝でした。

 

多くの人が期待できるメンバーとなりました。

スタメンも十分攻撃的でしたし、交代枠にも強力なアタッカーがいるので、90分間パワーが維持で切りうことが期待できるメンバーでした。

 

そして期待通りの結果を残せたことで、チームにも大きな自信をもたらしたのではないでしょうか。

 

立ち上がりからエスパルスの集中が相手を上回っていました。

セカンドボールへの反応が良く、球際でも勝てていたことが、最終的に2-0という結果を道井びいたと思います。

 

FC東京は前からのプレスよりも、ボランチにボールが入ったところを狙っている守備でした。

白崎の技術と松岡の運動量が上回っていたため、相手の狙いを外した形で試合を進められたので、エスパルスも落ち着いてプレーが出来ていました。

 

ボランチが怖がってボールを受けに来なかったり、簡単に下げてしまうようだと相手に勢いを与えることになりますが、しっかりと戦えていたのは大きかったですね。

 

前半の終わりの方は、上手く使えなくなり、CBとSBで回すしかなかった時間帯がありましたが、その時間帯をしのげたことで勝ち点3につながったと思います。

 

ショートパスで裏をとろうとしてくる相手に、CBの2人が良く対応していました。

カットインからのクロスとシュートで危ない場面がありましたが、それ以外はしっかりと守備陣が抑え込んでいました。

 

やはり相手はアダイウトンの推進力を武器にしており、ボールを持つと怖かったですが、最後までやらせませんでした。

ギリギリまで残す選択を相手がしてきましたが、エスパルスの守備がしっかり対応していました。

彼がピッチにいる最後の場面でカウンターになりそうなところがありましたが、松岡がしっかり抑え込めたのも大きかったですね。

あと10分早かったら、一気にゴール前に行かれていたかもしれません。

 

 

攻撃はまた素晴らしいサイド攻撃から得点が生まれました。

左右両方のサイドバックのクロスから、FWがピンポイントであわせて決めきりました。

 

相手もエスパルスのサイド攻撃は注意していたと思いますが、それを上回るプレーを見せてくれました。

いずれも個人のスキルで突破し決めきったプレーでした。

 

もう少しデザインされてサイドの仕掛けが、楽にできるようになるとさらに迫力がマシそうです。

サイドハーフがフリーになる場面は創られてたのですが、縦に仕掛けるシーンが無かったので、もう少し出せると相当強力な武器になりそうです。

クロスから2得点取れているので、贅沢な印象ですがもっと強力になりそうです。

 

 

最後まで集中を切らさず、攻撃から守備の切り替えが非常に早かったですね。

特にホナウドが相手陣地で刈り取ってマイボールしているシーンが何度もあり、相手の攻撃のチカラを無効化していたのは驚きでした。

 

昨日の試合だけを切り取ってみると、非常に強い試合が出来たと思います。

大きな大きな1勝でした。

 

次節は残留争いチーム同士の対戦です。

今節以上にパワーを出して勝ち切るゲームを見せてほしいですね

 

 

P.S.

ずっと試合中応援の声が途切れることはありませんでした。

試合最初にチャントが歌われた時は、少し泣きそうになりました。

 

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

シェアする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク