【レビューC大阪戦】この内容では勝ち点を積み上げていくのは難しい

 

C大阪との試合は、何とか勝ち点1をつかんだ試合といっても良いでしょう。

 

ベンチメンバーに変化はありましたが、メンバーは福岡戦と一緒でした。

勝った試合のイメージをもって試合に臨む意図があったのでしょう。

 

 

ただ、立ち上がりから相手の方が出足が良かったですね。

こぼれたボールへの反応が良く、相手に拾われていました。

10分以上相手がボールを持っていましたが、決定機を作らせず凌げたのは良かった点です。

 

ただエスパルスの攻撃は中々作れない試合でした。

長い距離の斜めのパスでサイドチェンジするのですが、次のイメージがありません。

単騎ではがせるプレイヤーがいないと厳しいですね。

 

それでも先制点の場面は唯一といっていいくらい、良いカタチを作れました。

結果はオウンゴールでしたが、裏を2枚とっていたので抜けていれば1点だったでしょう。

シュートゼロでリードするという奇妙な展開で前半を終えました。

 

後半は立ち上がりから、相手にやられそうな雰囲気が出始めました。

 

自陣でが簡単にボールを取られる

裏に出るボールに対して反応が弱い

自陣からのパスがミスになる

 

かなり危険な場面が多くありましたが、相手のプレー精度に助けられました。

また権田が的確なポジションをとり良く止めてくれました。

フリーのシュートの場面も、逆に振られながらも止めてくれましたね。

 

しかしあの展開では耐えきれないですね。

よく1失点でしのいだという試合です。

失点シーンは4人競りに行けている距離でしたが、結局フリーで撃たれました。

 

 

同点になった後、相手がかなり前に来ていました。

剥がせればチャンスでしたが、全くできませんでした。

87分に後半唯一のチャンスがありましたが、まともにシュートを蹴れずに逸しました。

あのプレーの精度だと厳しいですね…。

 

ATのカウンターの機会も消極的でした。

勝ち点1で良いと判断したのでしょうか。勝負どころがわかっていない印象を受けました。

 

90分ほとんど相手のターンでしたが、良くしのいだ1戦でしたね。

サイドの守備は良くなっていたように思います。

 

 

ただしこの内容では勝ち点を積み上げていくことは厳しいですね。

湘南が勝ったために、ついに自動降格圏に転落です。

 

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

シェアする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク