【レビューC大阪戦】いいイメージを持つことができた試合

練習試合や天皇杯の結果から、リーグ再開の試合も心配されましたが、上位チーム相手に干渉でした。

 

試合後のコメントからは

「メンタルの準備」

ということが監督選手の口からそろって出ていました。

 

とは言え立ち上がりはちょっとミスも続き不安定でした。

 

トラップが足元につかなかったり

単純な横パスに回転をかけて取りにくくしたり

という単純なミスです。

 

暑さと湿度も影響していたのかもしれません。

湿度は80%だったそうです。

 

そんな中、簡単に取ったCKの流れで得点が生まれました。

この先制点が大きな分岐点となりました。

 

C大阪はここから中盤を省略する長いボールばかり入れてきました。

後ろばかりが重くなり、蹴らざるを得なかったといったほうが良いかもしれません。

単調なプレーが続いたので、C大阪はシュートはわずかに1本でした。

 

後半はさすがに修正をしてきました。

エスパルスの弱点でもあるクロスを入れるようになりました。

ただサイドチェンジのスピードが遅かったので、中の準備はできていました。

(それでも危なっかしさはありましたが・・・)

 

守備で一番気になったのは、バイタルにボールが入ったときです。

CBが簡単に見切って下がってしまい、フリーで受けさせてしまうということです。

杉本が簡単にボールを受けられるシーンが何度もありました。

 

幸いにも相手の決定力にも助けられ、失点にはつながらなかったのですが、もっとチャレンジに行くべきだと思います。

あそこまで簡単に下がるのは、指示だと思いますがチャレンジ&カバーを徹底すべきです。

 

 

一番良かったのは中盤の守備です。

特に前半はほとんど相手に仕事をさせませんでした。

昨日のボランチの2人は良かったですね。

 

白崎は最初消えていましたが、2点目につながるパスは素晴らしかったですね。

河井は攻守によく顔を出していました。

特に守備で体を張っていたのは、ある意味新鮮でした。

 

金子と北川の動きにはキレも見られました。

両チームを通じても、動きが少し違っていました。

上手く中断期を過ごせたのではないでしょうか?

 

GKがスーパーセーブをするようなシーンもなく無失点で抑えられたのは大きいですね。

また試合の終わらせ方も、前に進めながら時間が使えてよかったですね。

 

いいイメージをを持てたゲームだと思います。

このような試合を1試合でも多く出していってほしいですね。

 

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

シェアする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク