エスパルスの得点はリーグ13位 数値から見えた要因とは?

 

G大阪が未消化試合を行い連勝をしました。

この結果により、エスパルスの順位が1つ下がりました。

現在14位です。

 

G大阪は得点力不足に悩んでいましたが、直近2試合は複数得点です。

タレントはそろっているので、ようやくかみ合ってきたというところでしょうか?

 

 

ちなみのエスパルスの得点は22で、1試合平均1.0です。

決して高い数値ではなく、得点数はリーグ13位です。

 

ここまでのスコアラーを見てみましょう。

複数得点を上げている選手はわずか4人です。

 

サンタナ 7得点

原 2得点

ヴァウド 2得点

中山 2得点

 

DFの選手が2人入っていて、前の選手が得点を取れていません。

サンタナも7得点ですが、決定率は11%台と突出した数値ではありません。

 

 

後半戦はシュート数で上位に入っているカルリーニョスと鈴木唯人の数値が上がってこないと、得点数も増えてこないかもしれません。

 

カルリーニョス 成功率5.0%

鈴木唯人 成功率5.6%

 

 

得点力が中位以上のチームは、複数得点者数と決定率がもう少し高い数値を出しています。

 

エスパルスは勝ち切れない試合が何試合かありますが
「決めきっていれば」という試合も何試合もありました。

 

決めていれば、勝ち点率も大きく改善できていましたね。

課題の1つの攻撃面を数値から見てみました。

 

 

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

シェアする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク