改めて層の薄さを感じるCB陣

エスパルス

先日の対外試合では1失点しました。

この時期の結果なので、あまりこだわる必要はないかもしれませんが、大学生選抜相手に1失点は良いのでしょうか?それとも・・・

昨シーズンからCBが2枚退団しました。

それに対して補強はファンソッコのみです。

層の薄さを各方面から指摘されましたが、実際に試合をすると改めて思います。

1本目 ソッコ、二見

2本目 ソッコ、フレイレ

2本目途中 フレイレ、立田

3本目 立田、西村

最後は練習生が参加しています。

このメンバーにベテランの角田が加わります。

本職CBが立田しか見当たりません

元々ソッコはサイドで活躍した選手です。

二見もSB

フレイレは元々ボランチ

西村もボランチが主戦場

コンバートで対応していくというのはこういうことなのでしょう。

改めてみると、不安定なメンバーです。

開幕まで1か月足らずですが、相当にチームの守備を練りこまないと厳しそうですね。

ケガ人が出たらさらに厳しい状況になります。

キャンプでどこまでチーム守備戦術を落とし込めるかが、序盤戦のポイントになりそうです。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする