引き続きの「パス」練習 実戦を想定できているか?

エスパルス

昨日の練習では引き続き「パス」をテーマに行ったようです。

狭いエリアでコーンを使うパス練習です。

ボールを受ける選手がダッシュをして、そこにパスを合わせる

というものです。

ボールを引き出す動きをよく見て、そこにパスを合わせる

という基本的なものです。

実践では非常に大事ですね。

「受けるポイントにどれだけ早く入れるか」

ということです。

ダッシュしている相手に合わせるパス

奪取しながら処理するパス

これは当然のことながら精度が落ちます。

少しでも良いポイントに入れば、落ち着いて処理ができます。

受けるところが出し手と共通認識があれば、さらに精度が高くなります。

これが戦術的な考え方です。

トレーニングでスキル的なことばかりやっていても、実践では恐らく役に立たないでしょう。

選手たちがどれだけ試合の場面を想定して、トレーニングに取り組めているのでしょうか?

この辺りにもっとこだわって臨む必要があるのかもしれませんね。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする