歴史的勝利!日本中の掌が帰った瞬間

日本代表がグループリーグ初戦でコロンビアを破りました。

正直、多くの人がこの結果を予想していなかったと思います。

日本中に多くの掌が返された瞬間がうまれました。

勝因は「運」の要素が強かったでしょう。

しかし一番はそれをしっかりと手にした戦いです。

立ち上がりに押し込まれたら、自陣に閉じこもることになる

と思っていましたが、ボールを支配する最高の試合の入りができました。

これは短い時間でもちゃんと準備をしてきた証拠です。

むしろコロンビアのほうが様子見の感が強かったですね。

この差が立ち上がり早々に

先制点

退場者

という最高のプレゼントを与えられる結果につながりました。

その後は数的優位を感じることがない展開です。

相手が11人であったら、普通に負けていたでしょう。

それほど力の差がありました。

セットプレーでミスに近い守備のやり方で、同点に追いつかれました。

その後、バタバタになりましたが、時間に救われましたね。

ここで追加点を取られていたら、さすがに逆転はできなかったでしょう。

明暗を分けたもう1つの時間帯だと思います。

そして後半に決勝点が生まれるわけです。

相手の守備がこの瞬間も緩かったですね。

10人で攻め続けた代償でしょうか。

試合後の選手たちは本当にうれしそうでした。

中々あれだけの喜びの表情は見られませんね。

最高の初戦となりました!

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする