敗戦だが決勝T進出決定!メンバー変更の影響は

ポーランドに敗れましたが、決勝T進出を決めました。

コロンビアがセネガルに勝ったため、最後はイエローカードの数で決まりました。

あと1点どちらかの試合で入っていたら、結果が変わるというスリリングな展開でもありました。

日本はほぼ決勝T進出を決めていたので、ターンオーバーして臨みました。

予想通りチームとして機能しなかったですね。

日本史上で初めてかもしれません。

試合終了間際にパスを回して時間稼ぎをしました。

W杯の3戦目には見られる光景ですが、日本がこのようなことを行う場面は初めてです。

当然観客からは大ブーイングが起きました。

それでもチームが統一して時間を経過させて決勝Tを進出を勝ち取りました。

この試合に限っては消極的であったことは否めません。

選手の選定

戦い方

などあらゆる面で消極的な変化をつけました。

「これが全て決勝T進出のため」

となればよいのですが、勢いを止める形になる可能性もあります。

2戦目までの勢いで臨めば、グループリーグ1位通過もあったかもしれません。

結果は2位通過だったので、グループリーグ全勝のベルギーとの対戦になりました。

まあ、戦前の予想を考えれば

「さらに」

というのは贅沢なことかもしれませんね。

2大会ぶりに決勝Tで戦うことができます。

まずはこのことを喜びたいと思います。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする