ワールドカップで興味深い数字 エスパルスが強くなるヒントに

ロシアW杯のデータで

「ボールを奪われて10秒以内にシュートを打たれた率」

という切り口の分析がありました。

日本代表はワースト10に入る数値だったようです。

攻撃から守備への切り替えの速さで、戦っていた印象があるのですが、実際はそこまで効果的ではなかったようです。

敗退したベルギーの最後の失点も10秒以内でした。

W杯のゴールシーンでも、手早く攻めて決めたシーンが印象にあります。

セットプレーの次にゴールが生まれているのではないでしょうか?

エスパルスも印象的には、非常に多いように思います。

あくまで「印象」なので実際にはわかりませんが・・・。

ここは戦術的に改善点となるでしょう。

まずは頭で理解させることも必要だと思います。

お手本になるシーンが、数多く出ているわけですからね。

エスパルスというチームは?

と聞かれたときに

攻撃はショートカウンター

守備では速攻をさせない守備

という印象を持つことができたら、順位も上がっていると思います。

ただ現状は

「エスパルスってどんなサッカー?」

と聞かれたときに、答えに困る人も多いのではないでしょうか・・・

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする