C大阪戦 ゲームをコントロールできた要因はなにか?

C大阪戦は攻守ともに良い部分が出た試合でした。

3得点

無失点

といずれも素晴らしい結果です。

今シーズンのベストゲームと言っても良いかもしれません。

この試合ができた要因の1つに

相手のプレスの強度

があったと思います。

ボールホルダーに対しての圧力が非常に弱かったですね。

エスパルスの2枚のボランチが輝いていたのもこの影響ではないでしょうか。

プレッシャーが弱くなったのは

エスパルスの選手たちの対人プレーの勝率

に起因したのではないかと思います。

競り負けることで行きにくくなるのは心理として十分に考えられます。

その結果、河井、白崎、兵働と中盤の底を務めた選手が非常に効いていました。

試合終了間際の時間の使い方はこれまでのエスパルスには見られませんでした。

自分たちでボールを保持して、隙をついて相手ゴール前まで迫るという場面を作りました。

大人の戦い方ができていたように思えます。

もし夏場で相手のプレスが効かなくなるとしたら、エスパルスにもチャンスがまわってくるでしょうか。

昨日の試合内容は少しだけ、今後に期待してしまうものでした。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする