【プレビュー鳥栖戦】最大のポイントはセカンドボール支配率

台風の影響で中止となり、少し公式戦の間が空きました。

水曜日開催ですが、夏休み×トーレスの効果で、チケットの動きが良いみたいですね。

降格圏に沈む相手ですし、多くのサポーターの前で3連勝を果たしてほしいですね。

鳥栖は前線の補強が注目されています。

トーレス

金崎

豊田

という選手を夏のウインドーで獲得をしています。

ただまだ結果にはつながっていません。

前節を見ても、前と後ろがバラバラな戦いというのが印象です。

最終ラインで回して、前線に蹴りこむ

というシーンが何度も続きます。

18試合で15得点という少ない得点もうなずける内容です。

ポイントはロングボールの後の

「セカンドボールの支配率」

ここにあるでしょう。

前線に放り込むボールと中盤に放りこむボール

この2つがあります。

さすがに前線へのボールはCBとサイドバックがはじき返せるでしょう。

ただ、少し手前のハイボールでは分が悪そうです。

エスパルスの中盤選手は、サイズが小さい選手が多いので、ほとんど競り負けてしまいそうです。

ここで負け続ければ、鳥栖は補強した強力なFWが力を発揮します。

個の決定力という点では、リーグ屈指です。

DFがついても決め切ってしまうこともあるでしょう。

トーレスの初ゴールで逆の注目をされないようにしてほしいですね。

ただ相手はCBは間違いなく不安定です。

チャンスンヒョンが移籍

キムミンヒョクが出場停止

です。

再開後、複数得点をあげているエスパルス攻撃陣が仕掛けて行けば、チャンスは大いに作れるでしょう。

ただ、C大阪、G大阪と比べれば、前からのプレスは強いと思います。

この2試合は比較的中盤でボールを持てたので、意図するプレーができましたが、今日の試合は上手く外していくプレーが求められます。

時折みられるようになったワンタッチプレー効果的に出れば局面は変わるので、チームとしてうまく連動させて欲しいですね。

ボランチとサイドハーフの距離感

前線の動き出し

この2点が攻撃のポイントになるでしょう。

今のエスパルスの強みは得点力です。

複数得点すれば全勝しています。

3点くらいとって逃げ切るというのが理想の形です。

先制点を上げられれば、十分可能な相手だと思います。

連勝に浮足立つことなく、試合開始からしっかりと戦ってほしいですね。

久しぶりの3連勝に期待です。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする