前回の川崎戦の3つの数字

前回の川崎との対戦は0-3と得点も完敗という結果でしたが、中身も散々でした。

特に前半は全く何もできずに2失点をしたという印象です。

その前回の川崎戦で3つの数字にフォーカスしました。

1支配率 39.7%

この数字自体は、今季のエスパルスで特に低いわけではありません。

19試合中6試合40%を切っています。

しかし、実は支配率が低い方が勝率が良いという結果が出ています。

この川崎戦までは40%以下の試合では3勝1分でした。

支配率が低くてもチャンスを作り仕留めていたのですが、この試合ではそれができなかったという結果です。

2パス数

川崎 831本(88.8%)

清水 431本(76.6%)

この差は歴然です。

ただ印象と違うのは、シーズン平均よりエスパルスはパス数が多かったということです。

後半かなり改善をしたということでしょうか?

(後半開始から75分までの支配率は60%を超えていました)

3走行距離

川崎 110.7km

清水 113.3km

かなり多く走らされたということですね。

技術で勝たないなら運動量でということがありますが、それでもだめだったようです。

改めて数字を見ると、印象と異なる結果があります。

あくまで数値なので、捉え方ひとつで意味付けが変わりますね。

明日の試合の数値は良い結果につながるといいですね。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする