【レビュー川崎戦】隙を見せたら確実に仕留められた試合

川崎との対戦は多くのお客さんが入りましたが敗戦となりました。

これで連敗となりました。

前回対戦がひどかったので

「それよりかは」

ということがあるかもしれませんが負けです。

立ち上がりいきなり決定機を作られました。

六反が止めたからよかったですが、あれが入っていたら前回以上の大敗もあり得ました。

それ以外もいくつかの決定機を良く止めてくれていましたね。

エスパルスは最初のチャンスを決めました。

河井の良いポジションから、素早く縦につけて、ドウグラスがトラップで相手を置き去りにしてダイレクトでシュート

非常に良い流れで得点を奪いました。

それでも相手は慌てませんでした。

いつでも点が取れる自信があるのでしょうか。

狭いエリアでも効果的なパス交換で、ゴール前を脅かし続けました。

結局2失点をするのですが、ギャップが生まれたところをやられています。

1失点目はクロスを上げる選手と中にいる選手へのマークがあいまいでした。

最後ソッコが真ん中で一人で2枚見なければならない状況で、相手のエースがどフリーになっていました。

2失点めはシステムを変えて埋めておかなければならない、バイタルがぽっかり空いていました。

そこに後ろから入り込んできた大島にきれいに決められました。

完璧なゴールだったと思います。

「隙を作ると見事に仕留められた」

という試合でした。

ドウグラスの前半での交代という誤算もありました。

ただデュークを途中でかえるプランがあるのであれば、クリスランをベンチに置いたほうがよかったのではないかと思います。

攻撃のカードが少し弱いですね。

長谷川も村田も頑張ってはいますが、脅威になることはありませんでした。

この3試合は

鳥栖戦 シュート2本

鹿島戦 無得点

川崎戦 シュート4本

という結果です。

ドウグラスだけが点を取れているという状況です。

連敗ですし変化が必要なタイミングになってきました。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする