第22節を終えた時点での数字分析

第22節を終えた時点での数字分析です。

勝ち点 27(1.28) 11位

得点数 27(1.28) 9位

失点数 28(1.33) 10位

得失点差 -1  9位

9位との勝ち点差 4

ずっと団子状態だった中位も少し別れました。

9位と10位の差が1ゲーム以上開きました。

このまま下位グループが形成されていくのかもしれません。

3連敗したことで下を気に住中ればならない状況になりそうです。

というのも、中断明けに降格圏にいたチームが一気に勝ち点を伸ばしてきました。

名古屋は4連勝中

鳥栖もG大阪も直近5試合で1つしか負けていません。

エスパルスは中断明け6試合で勝ち点9です。

残留を考えれば悪くはないペースです。

ただし3連敗中です。

負け数が多いのが気になります。

リーグワーストの負け数が11です。

エスパルスはそれに次ぐ10敗をしています。

粘り切れない

終盤の策に欠ける

という特徴を如実に表しています。

まずは連敗をとめたいですね。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする