【レビュー仙台戦】全く粘りを感じず勝ち点ゼロ

これが連戦の影響なのでしょうか?

それとも本来の実力なのでしょうか?

プレーに粘りが全くありませんでした。

失点シーンはまさにその象徴と言っても良いでしょう。

ブロックの中に入れられたボールに対して、守備陣は反応できずにあっさり失点しました。

もっと押し込まれるかと思いましたが、相手がエスパルスに合わせてしまったというゲームに感じます。

それほど強いプレスではないですが、相手のミスを誘いボールを奪うことに成功していました。

相手の攻撃もバイタルまで来るものの、そこからのアイデアに乏しく、脅威にとなることはありませんでした。

そこはエスパルスも一緒でしたが・・・

勝ち点は十分に持って帰れる試合だと思いましたが、アディショナルタイムでの失点です。

点を取られる流れではなかったと思います。

アウェー鹿島戦を思い出すような失点でした。

この1か月での負けの数は、リーグ半分近くにあたる5回目の敗戦です。

連戦が終わりインターバルが空くので立て直しの期間にしてほしいです。

残り9試合は残留争いとなります。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする