実はエスパルスは終盤に失点をしていないという事実

前節、前々節と試合のラストプレーに近いところで失点をしました。

柏戦は2点差があったので勝ち点2を失うことはなかったですが、仙台戦は勝ち点を失いました。

鹿島戦も最後のセットプレーで失点をして勝ち点を失いました。

このようにアディショナルタイムの失点が多いイメージがあるかもしれないですね。

しかし実際にデータを見てみると、そうではないことがわかりました。

エスパルスの残り15分の失点は4です。

全体の11%にしか満たない数字です。

実は75分以降の失点数はリーグ最少の数字でした。

むしろその前にとられることが多いですね。

60分~75分の失点は10で、これはリーグ最多の数字です。

ここでの失点の仕方が良くないので、終盤に得点を取られている印象になっているのかもしれません。

ヨンソン監督の交代の動きは遅い方だと思います。

この辺りを改善すれば、後半の失点も減らせるのかもしれません。

交代をしないで最終局面を守り切れている

というのもデータからは取れるので、何とも言えませんが・・・

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする