【レビューG大阪戦】同じ過ちを簡単に繰り返す人たち

17位のG大阪に敗戦しました。

ポイント差は4となりました。

複数失点は避けなければならないと思いましたが、あっさりと失点しました。

そして前半のうちに2失点です。

「試合の入り方」

という言い方がありますが、それが要因なら受けにまわったということでしょう。

「下位チームが相手」

という緩さから事故にあったということです。

角田の守備の緩さには驚きました。

前節でも簡単に相手を話して失点しましたが、また同じことを繰り返しています。

2点差をつけられてはひっくり返すのは運が必要です。

しかし、ポストを叩くように運がありませんでした。

必要以上に力を使わなければならないので、最後のシュートのチカラが残っていないという試合でした。

決定機に近いところはあっても、枠内で惜しいというシーンはほとんどありませんでした。

金曜日で14000人以上入って、興行的にはまずまずだったのですが、結果はボロボロという状態でした。

残留を手に入れるチャンスをまず1つ失いました。

昨シーズンもこれをくり返し、最終節のギリギリ残留でした。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする