【レビューFC東京戦】相手のパフォーマンスもあるが完勝!

昨日のゲームはFC東京20周年試合ということでOB戦などのイベントも多く、悪天候にもかかわらずたくさんのお客さんが入りました。

リーグで調子の悪いチーム同士の対戦ということもあり、前半30分までは動きが少ないゲームとなりました。

それでもキックオフ最初のプレーで、相手の陣内の深くまで行けたので、終始ペースを握ることができました。

ただセカンドを握れただけで、意図したものではなかったかもしれません。

工夫できる点の1つだと思います。

しかしながらFC東京は良くなかったですね。

判断が鈍いというか、近くの選手にパスを出すだけのプレーが多かったですね。

もっと裏を突かれたら難しい試合になったと思いましたが、そういうプレー自体少なかったですね。

エスパルスの得点も相手の判断ミスが味方しました。

航也の得点の前のドウグラスのミドルへのGKの対応も良くなかったですし、PKの場面もそうです。

ドウグラスの個のチカラもありますが、前後のプレーから得点が入る流れではなかったですね。

相手のプレーにも助けられましたが、守備もゼロで抑えられたのは良かったですね。

CBのコンビを戻して結果が出たのは大きいですね。

立田も代表の経験で、自信をもってプレーできるようになりました。

欲を言えばもう少しシュートを打っても良かったかもしれません。

ピッチが濡れているので、何か起きる可能性はあったと思います。

ドリブルでエリアを横断した時は、さすがに何をしたいのかわからなかったですね(笑)

勝ったから笑い話にできますが、判断が良くないプレーでした。

相手のシュートを7本に抑えて、複数得点も上げ完勝というゲームでした。

次節のダービーに勢いをもって臨めます

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする